【PR】アフィリエイトリンクを使用しています

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル【パチ組み】

プラモデルホビー
【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-ユクモのキャラ設定が(主に筆者に)効く
【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-ユクモのキャラ設定が(主に筆者に)効く

まずは結論:尻尾の大きさにモフみを感じろ!(プラモデルだけど)
心優しく恥ずかしがり屋の獣人型ディアーズ。
パチ組みだけの場合、見た目に物足りなさを感じるかも。

この記事ではコトブキヤ製
「ユクモ(アルカナディア)」プラモデルを簡単にレビューします。

あ~るじ♪さ~まと♪はんぶんこ~♪
あ~まい、おだんごっ♪さ~くさっく、おせんべい~♪
(CV.日高里菜)

  • ユクモのプラモデルの購入を検討中なので、レビューを読んで判断したいぜ!
  • パチ組み(素組み)だと見た目はどんな感じになるの?
  • 組み立てのむずかしさはどのくらい?プラモデル初心者でも作れる?

…といった方のお悩みを解決するための記事です。しばしお付き合いを~

すわるねこ
すわるねこ

どうも、すわるねこ(@suwaruneko)です~
コトブキヤが展開するVRMMOをテーマしたキャラの色分け済みプラモデル!
「ユクモ」はキツネと巫女をかけあわせたような見た目でカワイイですね~

看板娘ちゃん
看板娘ちゃん

この記事は実際に入手したプラモデルをパチ組みして撮影しています。
完成度は人それぞれなので、あくまでご購入の参考程度記事をご覧ください~

ユクモ(アルカナディア)のレビュー

外箱(パッケージ)

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-パッケージ-前面
【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-パッケージ-前面

”アルカナディア”はコトブキヤが展開する人気可動プラモデルシリーズ
「ユクモ」はアルカナディアシリーズでは3体目に発売された製品です。

パッケージにうつるキャラクターデザインやイラストの可愛さから
つい「作ってみたい!」と気になった人も多いのではないでしょうか?

コトブキヤの美少女プラモデルは箱がとにかく大きいで有名ですが
当然今回もメッチャデカい箱です。写真では小さく見えますけども。。。
実店舗で購入して持って帰る人はある程度の覚悟が必要です(笑。

当レビュー記事で紹介するプラモデルはパチ組み(素組み)で制作されています。
ハイクオリティなモデルをご覧になりたい方は、より上質な他サイトへお飛びください。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-パッケージ-前面

▼ネット通販でのご購入は下のボタンから▼

ノーマルモード

※「ユクモ」はモードチェンジで見た目を変更することができます。
ウィライズモード

全身

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-背中側
ユクモ(ノーマルモード)-背中側

※モデルの背中を見やすくするため、他社製のディスプレイベースを使用しています。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-右側
ユクモ(ノーマルモード)-右側
【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-左側
ユクモ(ノーマルモード)-左側
【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-正面
ユクモ(ノーマルモード)-正面

ノーマルモードの姿。

公式の説明によると「非戦闘状態」だそうな。
巫女服のような衣装とサイズ比率の大半を占める大きな尻尾が特徴的!

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-自分で塗装する箇所は多い
ユクモ(ノーマルモード)-自分で塗装する箇所は多い

上の画像の”黄色い線で囲った部分”がパチ組みだと我慢するしかない箇所。
囲った範囲の水転写デカールは付属されていないので
塗装できない勢は目をつぶらなきゃいけないかもしれません。

「なんだよ!塗装できないオレ達は置いてきぼりじゃん!」
…と思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、ご心配なく。
遠距離から見ると白地が同化して意外と気にならなかったりします

もちろん、衣装の塗装があるのとないのでは完成時の見栄えに違いが出ますので
あえて塗装にチャレンジするきっかけにしても良いかもしれませんね~
(プラモデルは塗装もアレンジも個人の自由だ!)

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-背中を拡大
ユクモ(ノーマルモード)-背中を拡大

背中の緑色の装飾には穴が空いていて、アームを差し込んで固定できます。

腰の大きい2個の鈴が豪華さを演出してて良いですね♪

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-背中-左がデフォルトだが、右のように穴をふさぐことができる
背中-左がデフォルトだが、右のように穴をふさぐことができる

背中にある緑の装飾やアーム用の穴が気に入らない人は
穴を閉じるパーツも付いています。小さいので紛失に注意。

穴を閉じるパーツは一度付けると外すのがメッチャクチャ難しいので
外す時は先の細いカッターや針などの工具を用意しておきましょう。
(※ちなみに筆者は写真撮った後、手で外そうとして爪先が割れました(爆笑)

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-綱の中もバッチリ
ユクモ(ノーマルモード)-綱の中もバッチリ

腰から伸びる赤い綱の端は別パーツになっていて、
綱の中までしっかりボリューム感を感じる造りになっています。

スカートからチラっと見える三角肌がセクシーですが、
このパーツがメチャクチャ小さいので、
ランナーから切り離す時や組み立てる時に紛失させないよう気を付けましょう!

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-しっぽの先っちょの鈴がかわいい
ユクモ(ノーマルモード)-しっぽの先っちょの鈴がかわいい

しっぽの先端には「赤いリボン」と「小さな鈴」が付いています。
茶色と白色のギザギザな箇所は別パーツなんですが
ここを色分け済みパーツで上手く構成できるのがすごいと思いました。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-それにしてもこのしっぽ、もふもふである
ユクモ(ノーマルモード)-それにしてもこのしっぽ、もふもふである

このプラモデルの半分を占めていると言っても過言ではないくらい
でっかい尻尾が実にモフモフである。(でもプラスチックなので固い)

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-しっぽを外すとこんな感じ
ユクモ(ノーマルモード)-しっぽを外すとこんな感じ

大ボリュームのしっぽはスカートに差し込む形式です。

つまり~…
ケモノ耳外しパーツとの合わせ技で普通の女の子にもなれるということ!
獣人の女の子が苦手な人までバッチリフォローしていくメーカーさんすげぇ~

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-スカートは左右2枚ずつのパーツに分かれています
スカートは左右2枚ずつのパーツに分かれています

スカートは左右2枚ずつのパーツに分かれていますが、
上に持ち上げられるほどそんなに可動範囲は広くないです。
ただ、スカートが動くぶん足回りの邪魔はしないのでポージングは楽ですよ♪

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-足元は色分けパーツで塗装の必要がないレベル
ユクモ(ノーマルモード)-足元は色分けパーツで塗装の必要がないレベル

草履は色分け済みパーツが駆使されていて、まったく塗装する必要がない造り。
初心者の人にも作りやすいので安心ですね♪

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ノーマルモード)-正面

▼ネット通販でのご購入は下のボタンから▼

表情

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-表情-(左)A顔(右)B顔
ユクモ(アルカナディア)-表情-(左)A顔(右)B顔

※顔パーツは最初からタンポ印刷済みなので、プラモ初心者も安心です♪
(付属の水転写デカールである程度自由に作ることもできます!)

A顔(左:デフォルト)
なぜか右側に目線を逸らしている通常の顔。
パッケージの顔イメージそのままでコレジャナイ感は無し。素晴らしい!

B顔(右)
口をパカっとあけた怒り顔。
眉毛が前髪で隠れちゃってますが、しっかりナナメに尖ってますよ。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-表情-(左)C顔(右)D顔
ユクモ(アルカナディア)-表情-(左)C顔(右)D顔

C顔(左)
弱気になっている感じの顔。
…なんだけど、眉毛が前髪で隠れちゃっててあんまり弱気な感じには見えにくい。
ユクモのキャラ設定的に普段からこういう表情をすることが多いのかも…?

D顔(右)
ほっぺをぷくっと膨らませた怒り顔。
他のフェイスパーツと違ってしっかり専用の造形になっているのがポイント高い。

獣耳はON・OFF可能

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-表情-ケモノ耳は取ることができて2度おいしい
ユクモ(アルカナディア)-表情-ケモノ耳は取ることができて2度おいしい

獣耳苦手なんだよなぁ~ (って人はそもそもこのレビュー見てないと思いますが…)
…って人もご安心ください♪
専用パーツでケモノ耳が外せる嬉しい仕様になっています!

なんなら、しっぽも外せます!!

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-パッケージ-中身

▼ネット通販でのご購入は下のボタンから▼

ウィライズモード

※「ユクモ」はモードチェンジで見た目を変更することができます。
ノーマルモード

全身

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-背中側
ユクモ(ウィライズモード)-背中側

※モデルの背中を見やすくするため、他社製のディスプレイベースを使用しています。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-左側
ユクモ(ウィライズモード)-左側
【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-右側
ユクモ(ウィライズモード)-右側
【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-正面側
ユクモ(ウィライズモード)-正面側

ウィライズモードの姿。
公式の説明によると「戦闘状態」らしい。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-ウィライズモードになるとしっぽが3層になる
ユクモ(ウィライズモード)-ウィライズモードになるとしっぽが3層になる

ノーマルモードでは尻尾のパーツが2つで構成されていましたが、
ウィライズモードは3つのパーツで構成されていて
尻尾のボリューム感がさらに増えた。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-ウィライズモードで草履の高さアップ
ユクモ(ウィライズモード)-ウィライズモードで草履の高さアップ

ウィライズモードでは草履の底が1段高くなる。
赤い靴底に別パーツを差し込む構造になっていて、ユクモの全高が上がります。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-ウィライズモードになると左足に装飾が付く
ユクモ(ウィライズモード)-ウィライズモードになると左足に装飾が付く

ウィライズモードになると絶対領域ができる。
太ももまで伸びた白色と黒色の衣装にもこもこした装飾品がかわいい。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-ウィライズモードになると服装が豪華になる!
ユクモ(ウィライズモード)-ウィライズモードになると服装が豪華になる!

ウィライズモードで見た目が一番わかりやすく変わるのが胴体。
腰の縄が大きくなったり紙垂(長方形のギザギザの紙みたいなやつ)が付いたり
スカートが豪華になったり、胸に大きな鈴とリボンが付いたり
とにかく色々と装飾パーツが多くなって豪華になります。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-袖は真っ白で味気ないのでデカールが付いている
ユクモ(ウィライズモード)-袖は真っ白で味気ないのでデカールが付いている

ウィライズモードは袖がより長くなって神秘的になる。
袖に赤い紐の線が入るはずなんですが、パチ組みだと真っ白なままです。

そこで、同封されている水転写デカールを貼り付けることになります。
プラモデル経験が少ない方は少し苦労するかもしれません。

「解説書内の32ページ下段」に”水転写デカールの貼り方”と
”失敗した時の修正方法”が記載されている
ので一読しておくと良いでしょう~

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-ユクモのキャラ設定が(主に筆者に)効く

▼ネット通販でのご購入は下のボタンから▼

台座

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-台座-オレンジのクリア素材がちょいオシャレ
ユクモ-台座-オレンジのクリア素材がちょいオシャレ

ユクモの専用台座オレンジのクリア素材で造られています。

長いアームはユクモの背中へ、
短いアームはユクモの大きな尻尾を下から支えるためのもの。
これが実に使いにくくてポージングしにくい!(※個人の感想です。

台座の文様はすごくオシャレで良い見た目なんですけどね~
使いにくいですがモデルをしっかりと支えてくれて安定します。

武器

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-武器-杖は片面だけ緑のパーツあり
武器-杖は片面だけ緑のパーツあり

は片面だけ緑の装飾があります。(※裏側は付いていない)

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-武器-剣は日本刀というより細剣に近い
武器-剣は日本刀というより細剣に近い

は日本刀のようなしなってるものではなく、真っ直ぐな細剣に近い感じ。

Q.プレミア価格で買えない!再販はあるの?

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-パッケージ-中身
パッケージ-中身

A.メーカー次第ですが、再販は”ある”と思ってください。

過去のアルカナディア製品の再販の例を見ても
(絶対とは言い切れませんが)再販はあると思っていただいて大丈夫です。

発売直後にこのレビュー記事を書いていますが
現時点では人気で品薄になっているだけなので、
絶対に焦って高額なお値段で買わないように。
※天などのボッタクリ価格や怪しい出品者からは買わないようにしてくださいね!

「今すぐにどうしても欲しい!」って人は、
Amazonとか駿河屋とか稀に在庫が復活している場合があるので
思い出した時などに覗いてみると正式なお値段で買えるかもしれませんね~

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-普通にamazonで買えるよ
普通にamazonで買えるよ

※2023/07/07現在…Amazon.co.jpで在庫あり。定価で買えますよ~
こんな感じで普通に買えることがあるので、ちょこちょこ覗くと良いよ♪
(24日到着になってるので、たぶん再生産分かもね)

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-全身(ウィライズモード)-正面側

▼ネット通販でのご購入は下のボタンから▼

最後に:個人的評価

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-フリーショットで遊んでみよう1
フリーショットで遊んでみよう1

総合評価:ほぼ満足♪

作りやすさ:★★★
造形:★★★★★
価格:★★★★

組み立てにかかる時間:約3~5時間

【良かった点】
「これぞ美少女プラモデル!」と言えるような可愛らしい見た目。
・造形から感じる尻尾のボリュームとモフモフ感!
・耳と尻尾が取り外し可能で、獣人だけでなく”普通の女の子”にもなれる!
・色分け済みプラモデルにより塗装がなくても十分すぎる見栄え
・タンポ印刷によるフェイスパーツのクオリティの高さ。特に目の描写がスゴイ。
(※自分で塗装ができない人にとってはメチャクチャありがたいはず)

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-余談-ノーマルモードからヴィライズモードへ換装中に関節破損させちゃった...
ノーマルからヴィライズへ換装中に1個破損させちゃった…

【惜しい点】
・付属の水転写デカールの種類が少なく、細かい箇所の塗装要求が多め。
(※逆に、プラモデルなので自分で塗装や加工ができる人にとっては全然問題ない)
・一部のパーツが小さすぎて、組み立て中に紛失しそうになる。
(※特に「腰の三角肌」「ヴィライズモードのニーソ部分」など)
・手首の関節がキツくて、破損の可能性が高いわりには関節のスペアがない。
・フェイスパーツを交換する時、前髪の接続部が固すぎるので横髪ごと破損しそう。
・しっぽの比重が大きく、台座が使いにくい+ポージングしにくい。

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-パチ組み-フリーショットで遊んでみよう2
フリーショットで遊んでみよう2

見栄えがすごく良い代わりに、パーツが小さかったり破損させそうになったり、
初心者の人は扱いが難しく感じる製品だと思いますが
そのぶん組み上がった時の感動も大きいハズなので
アルカナディア「ユクモ」が気になっている人は是非お手に取ってみてくださいね♪

【レビュー】ユクモ(アルカナディア)プラモデル-サムネイル

▼ネット通販でのご購入は下のボタンから▼


すわるねこ
すわるねこ

ちなみにこのブログの主、
すわるねこ (@suwaruneko)は絵描いたりしてますので
自身のイラストサイトも運営しております!ご興味ありましたら是非~